体験談(8)

会員さんではありませんが、つばめの会にお問い合わせをいただき、専門の先生をご紹介した結果、悩んでいたところに解決が見えた、という事例です。
相談者様に許可をいただき、掲載いたします。

 

  • 専門の先生にかかれば、治療の道筋がたつことが多いこと
  • 不安で困っていた状態から、治療に専念する気持ちの余裕が出ること
などもこの事例からお分かりいただけるかと思います。
快くご協力をくださった相談者様にも感謝申し上げます。 (つばめの会)

 
 

<メール1 相談者様からつばめの会へ>

XXX在住です。
1歳半を過ぎた子供が、粉ミルク以外まったく飲食しません。

 

生後6カ月~7カ月頃までは野菜ペーストやおかゆを多少食べていましたが、7カ月を過ぎたころから嫌がるようになりました。
無理強いして食べることが嫌いにならないよう、積極的に離乳食を進めてきませんでしたが、そのまま1歳3ヵ月まで、完全母乳で哺乳瓶も拒否していました。

 

空腹で食べるのではと期待して意を決して断乳した結果、1日半の間で、少量の麦茶とおかゆを口にしたのみでした。
ふらふらになるまで体力が落ちてきたため、とにかく何か栄養をとらせなきゃと無理やり哺乳瓶から粉ミルクを飲ませました。
最初の1~2日は寝ぼけて母乳と勘違いするまでは断固として飲みませんでしたが、
3日目からあまり抵抗しなくなり、1週間もたつころには粉ミルクが大好きになって、1歳半をすぎました。
 

以前はおもちゃの食べ物も嫌がったのですが、最近はおもちゃの食べ物は喜んで食べる真似をし、
パン、おにぎり、バナナ、赤ちゃん用のお菓子なども喜んで手に持つようになりました。
かじってもぐもぐするまでには至りませんが、少し表面を舐めたりはしています。

 

「食べ物に興味も示しだしたし時間がかかるだけでそのうち食べ出すのではないか」
と気軽に構えていたのですが、つばめの会のウェブサイトに掲載されている体験談などを読んで、
このまま様子見を続けていてはひょっとして手遅れになってしまうのではないかと不安になりました。

 

予防接種などでお世話になっている小児科や1歳半検診でも、これといったアドバイスはなく、
このような乳幼児の摂食障害の事例があることについてのお話もなかったので、
どこを頼りにしていいかわかりません。

 

今後どのようにしていくべきか判断がつかないので、お詳しい先生に一度見ていただきたいのですが、XXX地域で専門的にみてくださりそうなところを見つけることができません。
つばめの会からご紹介、ご推薦していただけるような医療機関や先生がいらっしゃればと思い、ご連絡させていただいた次第です。

 
 

<メール2 つばめの会から相談者様へ>

ご相談者の方にXXX地区でつばめの会がお世話になった先生をご紹介させていただきました。

 
 

<メール3 相談者様からつばめの会へ>

ご紹介いただいたXXX先生を受診した結果、良く似た事例をご存知とのことで、感覚統合障害だろうとのことでした。
今後はXXX先生に診ていただくのと並行して、療育センターあるいは子どもの摂食障害を専門としている作業療法士の方のところに通う予定です。
通える範囲の療育センターや作業療法士さんがいらっしゃるかどうか、XXX先生が探してくださるとのことでした。

 

これまでずっとわからなかった、子どもがどうして食べないのか、今後どのようにしていったらいいのか、ということがやっとわかり、もやもやしていた気持ちがすっきりしました。
XXX先生にも時間はかかりますよ、と言われていますので、その覚悟はいりますが、子どものペースでがんばっていこうと思います。