つばめの会顧問より (2)

つばめの会顧問 弘中 祥司
(昭和大学歯科病院教授)

摂食嚥下障害というと、高齢者の障害といったイメージがあるかもしれません。確かに、超高齢社会の到来に伴い、高齢者の摂食嚥下障害患者は増加しています。しかし、乳幼児にも摂食嚥下障害は存在し、高齢者に比較すると数は少ないですが、その障害像は多様であり、障害の程度も重度であることが多いです。また、社会的な受け皿も少ないのが現状です。乳幼児の摂食嚥下障害を引き起こす疾患には、次のような疾患があります。

 

分類 代表的な疾患
1 未熟性 超低出生体重児など
2 解剖学的な構造異常 唇顎口蓋裂、小顎症、小工藤閉鎖症など
3 中枢神経、末梢神経、筋障害 脳性麻痺、筋ジストロフィー、ミオパチーなど
4 咽頭・食道機能障害 アカラシア、食道炎など
5 全身状態 感染症、心疾患、呼吸器疾患など
6 精神・心理的問題 経管栄養依存症、反芻など
7 その他の問題 口腔乾燥、口内炎など

 

乳幼児の摂食機能障害に対しては、摂食機能を評価した後に、摂食機能療法を行います。摂食機能療法には、①食環境指導(姿勢や食具の調整など)、②食内容指導(食形態の指導など)、③摂食機能訓練(嚥下訓練、咀嚼訓練など)の3つがあります。

もし、関係しているお子さんが摂食嚥下障害でお困りの場合、小児の摂食嚥下障害を扱っている、医療機関に相談してみて下さい。しかし、まだまだそのような医療機関は十分ではありませんので、かかりつけの小児科や歯科、保健所や療育施設に相談されてみると、摂食嚥下障害を診てくれる施設に繋がるのではないかと思います。ただ、摂食嚥下障害は早期介入が有効であるといわれていますので、低年齢のうちに一度診てもらうことをお勧めします。

*乳幼児の摂食機能障害について知りたい方へのお勧めの本

  • 田角勝, 向井美恵: 小児の摂食嚥下リハビリテーション, 第2版, 医歯薬出版, 東京, 2014
  • 田角勝: トータルケアで理解する子どもの摂食嚥下リハビリテーション-食べる機能を支援する40のポイント-, 診断と治療社, 東京, 2013