関連施設・リンク集

 

A. 受診施設

 

<東北>

■岩手医科大学 障がい者歯科
初診時は電話での事前予約が必要だそうです。
紹介状、受診資格の制限は特にないそうです。
■いわき市立総合磐城共立病院 未熟児・新生児科
 新生児科の本田先生は、摂食は専門ではないとおっしゃるけれど、田角先生と大山先生のセミナーなどで学ばれ、実地で診察されているお子さん達からも学ばれていらっしゃるとのことで、機能的問題がない、摂食を拒否する乳幼児さんの親御さんが、診察先を探していたら診察してくださるそうです。

 

<関東>

東京都

■昭和大学歯科病院 スペシャルニーズ歯科センター

つばめの会の顧問でもある、昭和大歯科病院による、こどもの摂食嚥下の外来案内です。

■日本歯科大学病院 小児歯科
小児歯科は基本的には随時初診受付していますが、事前に電話予約していただいたほうが、スムーズに診察可能となるそうです。
■日本歯科大学 口腔リハビリテーションセンター
こどもの摂食・嚥下リハビリテーション、言語リハビリテーションを行っています。
初診受付は電話での対応となっています。
■日本歯科大学口腔リハビリテーション多摩クリニック
こどもを対象にした摂食・嚥下リハビリテーション、言語リハビリテーション、歯科治療を行っています。
初診受付は電話での対応になっています。
一般の方向けの講習会の案内なども掲載されており、つばめの会の会員もときどき勉強に参加しています。

 

神奈川県

■神奈川県立こども医療センター 偏食外来
小児科の先生が食べない飲まないということを診察してくださいます。

 

埼玉県

■明海大学 口腔保健ケアセンター
歯科の大岡先生が診療を担当してくださいます。埼玉県のお子さんに朗報ですね!
リンク先から口腔保健ケアセンターに電話してご確認ください。

 

茨城県

■たかぎ歯科
土浦市の先生です。小児の摂食についてお詳しい、女性の先生です。

 

<中部>

愛知県

■星ヶ丘マタニティ病院 小児科

担当の井口先生が、重度の基礎疾患のない子の摂食嚥下について診察してくださいます。

基礎疾患が軽い場合、軽度の自閉症スペクトラムがある場合なども診てくださるとのことです。

 

<関西>

大阪府

■こいし歯科
大阪府池田市の歯科医院です。
基礎疾患のないお子さんの摂食を診察してくださいます。

 

<四国>

 香川県

■あやの歯科医院(現在休診中)
香川県で子供の摂食嚥下の外来がある歯科医院です。全国にこのような施設があるといいですね。
こちらの綾野理加先生は、本会の賛助会員です。

 

<九州>

 鹿児島県

■西国領歯科医院 摂食外来
鹿児島県志布志市にある歯科医院です。
摂食外来のページの充実した情報や画像もためになります。

 

 

B. 摂食嚥下にまつわるお役立ち施設・情報

 

■神奈川県立こども医療センター 偏食外来パンフレット
つばめの会でもご講演いただきました、神奈川県立こども医療センターで偏食外来をされている大山牧子先生より教えていただいたパンフレットです。
食べることへのステップや手法をとても分かりやすく解説してあります。

ダウンロードもできますので、就園などの際に、お子さんに接する周囲の方に理解いただくにも良いかもしれません。

■食事指導ガイドブック
自治体が摂食嚥下の難しいお子さんの特別支援学校に向けてまとめた食事指導です。
家庭にも役立つことが多く記載されていますし、自分の地域や学校・園などと相談をするための土台としても利用できるのではないでしょうか。
東京都 (有料で印刷版を販売)
神奈川県 (PDFで配布)
茨城県 (PDFで配布)
■ベビーノ
NICUを退院したお子さんのための訪問看護。
経管栄養の子たちの一時預かりはできませんが、訪問看護指示書のもと訪問し、自宅でお留守番などは可能とのこと。
経管栄養で疲労がたまっている親御さん、まずは相談を!
■嚥下障害支援サイト スワロー
嚥下障害について詳しいサイトです。
嚥下障害は高齢者に圧倒的に多いので、高齢者についての記述が多いですが、参考になることが多く、リンク集などもとても役立ちます。
■株式会社 ふくなお
介護食などやわらかい食品を販売されている会社です。
つばめの会にご協賛いただいています。
つばめの会による、やわらかい食品の試食の感想はこちら。
■ヘルシーネットワーク
嚥下しやすい食品の、ヘルシーネットワークさんの小児向け情報ページです。
摂食の歯科系の書籍などを参考に作られた信頼できる内容で、わかりやすいです。

 

C. 小児医療

 

■難病のこども支援全国ネットワーク

親の会連絡会に、つばめの会も加盟しています。

■知ろう!小児医療 守ろう!子ども達の会

「どんな時に病院へ行けばいい?どんな時は家でみていても大丈夫?」 小児科医から家庭への知識を広げている団体です。

■埼玉県立小児医療センター存続を求める家族の会

埼玉県立小児医療センターの患者家族の情報共有と移転反対に向けての連絡・結束のためのホームページです。

(順次追加予定)