田角先生のお話を聞く会

2013年5月、 つばめの会としてはじめて、つばめの会の主催講座が実施されました。

初回は、顧問である 昭和大学病院 小児科 教授の田角勝(たつの まさる)先生のお話を聞く会です。
 
「摂食嚥下障がい児の食事を楽しくするとはどういうことか」 をテーマに講演をいただきました。
 
長く小児の摂食・嚥下の問題に取り組まれてきた先生により、
摂食嚥下において誤解されている点なども非常にわかりやすく説明されています。
摂食嚥下以外の障害が軽度の場合と重度の場合の対応法が異なる等、新鮮なお話がたくさん詰まっています。
 
ちょっとしたわが子の少食で悩む親御さんにも、そして摂食嚥下障害児に関わる専門家にも、
新たな発見のあるであろう、すばらしい講演でした。
 
同じく顧問である昭和大学歯科病院 教授 弘中祥司先生、石崎晶子先生もご参加くださり、
充実した会となりました。
 
ここではその記録をご紹介いたします。
 
1. 概要
5. 当日の動画(講演記録および質疑応答) *動画の閲覧は会員のみとなります。