活動報告

弘中先生が「医療ルネサンス」(読売新聞)に載りました

摂食・嚥下の子供の歯科診療の記事が、本日2/26の読売新聞の「医療ルネサンス」に掲載されています。つばめの会の顧問でもあります、昭和大学歯科病院スペシャルニーズ歯科センター長、弘中祥司先生の記事です。

つばめの会って何するの?どんな子供?とイマイチよくわからない印象かと思いますが、この記事のような乳幼児の親の会、と考えるとイメージしていただけるのではないかと思います。

つばめの会では親同士のピアサポートや情報交換など実施しています。

つばめの会 弘中先生 医療ルネサンス
高校生によるつばめの会リポート
メディア掲載
つばめの会では、現在ウェブサイトのリニューアルに取り組んでいます。その資金として、「公益財団法人 つなぐいのち基金」の助成を受けました。 この「つなぐいのち基金」を通して、郁文館グローバル高等学校の...
2019.01.21
MEIS(医療的ケア児等医療情報共有サービス)プレ運用開始
関連情報
厚生労働省が、2020年より「MEIS(医療的ケア児等医療情報共有サービス)」を開始予定で、現在その準備が進められているようです。 これまでは、医療的ケア児等が旅行などで出かける場合、家族は急な発作に備えて...
2019.03.01